痛風の予防についてわかりやすく解説いたします

その他の成分

このカテゴリでこれまでご紹介した成分以外に痛風に良いとされているサプリメント成分と、期待される効果を簡単にご紹介します。

アミノ酸やクエン酸を含む黒酢も痛風に効果的

その他にも痛風の予防に効果があったり、発症した痛風に効くとされている成分はいくつかあります。以下に簡単にご紹介します。

  • 黒酢
    アミノ酸やクエン酸を含む黒酢。黒酢は尿をアルカリ性に傾けますが、アルカリは尿酸を溶けやすくする効果があり、尿酸の排出が促されます。尿酸値が下がるので、痛風の予防に効果があるとされています。
  • ヒュウガトウキ
    九州では江戸時代から珍重されてきた植物で、有用成分・YN-1を含有しています。・YN-1は血液をサラサラにし、新陳代謝を促して尿酸の排出をサポートする効果があります。またインスリンの働きを助けることから、痛風の合併症の1つである糖尿病予防にも効果が期待されます。
  • アメリカン・チェリー
    アントシアニンやフラボノイドを含むことから抗酸化作用があることがわかっています。最近の研究では尿酸を排出したり痛風発作の痛みを抑える効果があるという報告もあります。
  • ビタミンC
    血液中の尿酸濃度を低くする作用があり、関節などにたまった尿酸を腎臓に運ぶ働きがあるとされています。また痛風に影響を与えるストレスを軽減させる働きもあるので、痛風予防にピッタリの成分だといえます。
  • キトサン
    カニやエビなどの甲殻類の殻に含有されている成分で、尿酸の代謝を調節したり、血中の尿酸濃度を下げる働きがあるとされています。
  • カリウム
    ミネラルの一種で、腎臓での尿酸のろ過機能を高め、尿への排出を促す効果があります。
 
ページの先頭へ
今からでも遅くない痛風予防ガイド