痛風の予防についてわかりやすく解説いたします

DHA・EPA

DHAやEPAについて解説します。痛風への効果のほかに、オススメサプリメントもご紹介します。

DHAやEPAの効果とは

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は必須脂肪酸の1つでイワシやサバといった青魚に含まれている成分です。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」では、DHAとEPAの摂取目標を1日1g以上としていますが、体内で作られる成分ではないため、不足しがちな成分です。

血液をサラサラにしたり、血圧を下げたり、新陳代謝を促してくれる効果のほかに悪玉コレステロールや中性脂肪も減少させる作用があることから、生活習慣病の予防や肥満対策に用いられることの多い成分です。

痛風対策にDHA・EPAを

血液をサラサラに保ち、新陳代謝が促進されることで尿酸の排出も促されます。これが痛風にも効果があるとされている理由です。また、腎臓の機能を助けることも痛風に効果を示します。

脳血栓や心筋梗塞など、痛風の合併症に挙げられる病気を予防する効果もあることから、痛風の予防だけでなく、痛風を発症した人にも向いている成分だといえるでしょう。

痛風予防に効果が期待できるサプリメント成分ガイド≫≫

DHA・EPAの入ったサプリメント

  • 鮫肝DHA&EPA
    容量/価格:120粒/1,714円+消費税
    1日の量:4粒
    特徴:1粒にDHAを65mg、EPAを100mgを含んでいる粒状のサプリメント。その他スクワレンやビタミンEをバランスよく配合している。
  • DHA&EPA+セサミンE
    容量/価格:120粒/5,500円+消費税
    1日の量:4粒
    特徴:酸化しやすいDHAやEPAの弱点を補うため、セサミンとビタミンEを粒に閉じ込めて酸化を防止。DHA・EPAの働きをフルに発揮できるサプリメント。
  • オメガ3-DHA&EPA&α-リノレン酸サプリ
    容量/価格:30カプセル/2,800円+消費税
    1日の量:1〜2カプセル
    特徴:パッケージコストなどを削減し、リーズナブルな価格を実現。国内生産で、ビタミンEであるトコフェロールも配合している。
 
ページの先頭へ
今からでも遅くない痛風予防ガイド