痛風の予防についてわかりやすく解説いたします

キャッツクロー

痛風に効果があるとされるキャッツクローとキャッツクローを含むサプリメントをご紹介します。

キャッツクローとはなにか

キャッツクローは、南米のペルー奥地に棲息するハーブで、葉の付根に猫の爪のようなトゲがあることが名前の由来とされています。

キノブ酸グリコシドや五環系オキシインドールアルカロイドが含まれていることから抗炎症作用があり、関節炎やリウマチ、消化系・免疫系の病気への効果があるされています。

ペルーのアマゾン先住民の人々の間では長い間使われてきた伝統的な薬用の植物であり、オーストリアではリウマチ処方薬の医薬品として承認されています。WHO(世界保健機構)からは副作用が無いハーブとして認められているので、安全性の面でも安心です。

キャッツクローの痛風予防効果

免疫機能を正常にし、関節炎にも効くことから痛風のサプリメントとしても用いられています。痛風発作の腫れや痛みを軽減する効果があるからです。

ただし尿酸値を減少させる効果はなく、痛風の予防効果というよりも、すでに起こってしまった痛風に対処し、症状を改善させる効果が期待できるものです。また免疫力を高める効果が痛風にも良いとされています。

痛風予防にはコレ!オススメのサプリメント成分ガイド≫≫

キャッツクローの入ったサプリメント

  • キャッツクロー junsui
    容量/価格:30カプセル/3,800円+消費税(定期お届けコース3,419円+消費税)
    1日の量:1カプセル
    特徴:キャッツクローパウダーをナノ化しているので、有効性分の吸収が優れている。1日1カプセルと手軽なのも魅力。
  • キャッツクロー スーパーマイルド
    容量/価格:120粒/5,833円+消費税
    1日の量:4粒
    特徴:キャッツクローの乾燥樹皮の微粉末を使用。不要物質を除去し、有用性分を高配合している。消化吸収を促進するため、有胞子性乳酸菌も配合。
  • バイオ キャッツクローEX
    容量/価格:90粒/9,500円+消費税
    1日の量:3〜9粒
    特徴:高純度のキャッツクロー濃縮エキスを中心に、無臭ニンニクエキスやウコンエキスなど栄養豊富な天然由来成分を配合。
 
ページの先頭へ
今からでも遅くない痛風予防ガイド