痛風の予防についてわかりやすく解説いたします

アンセリン

尿酸値を下げる効果があるアンセリンについて解説します。また、アンセリンを含むサプリメントもご紹介します。

アンセリンとはなにか

アンセリンは、イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)の一種です。イミダペプチドとは、イミダゾール基を有するアミノ酸結合体の総称で、渡り鳥や回遊魚など、長時間、連続した運動を行なう生物の骨格筋中に高濃度に含まれています。

活性酸素を除去し、疲労回復や疲労の予防に高い効果が期待されている成分です。サプリメントの中にはアンセリンをイミダペプチドと表記しているものもあります。

アンセリンはイミダペプチドの中でもカツオやマグロ、サケといった回遊魚に豊富に含まれています。人は激しい運動をすると疲労物質や尿酸がたまってしまいますが、それは魚も同じです。しかし回遊魚の骨格筋中にあるアンセリンのおかげで、魚は回遊を続けることができます。つまり、アンセリンは「疲れにくくなる」成分といえます。

アンセリンはイミダペプチドと同一の成分が、イミダペプチドは主に鶏のムネ肉から採取されています。鶏から採取された成分は、鳥インフルエンザなどの感染症の心配がないとはいえませんが、海洋性のアンセリンの成分はとても安全なものということができます。

アンセリンの痛風予防効果

アンセリンの効果は疲労回復だけではありません。血圧降下作用や抗炎症作用、活性酸素除去作用があることがわかっています。

そして注目すべきは、尿酸値降下作用です。アンセリンは酵素の量を増やし、尿酸が作られすぎるのを防ぐ作用があります。また、アンセリンには乳酸の代謝を促進し、尿酸の排出を促す効果があります。

あるラットを用いた研究では、尿酸値降下剤のアロプリノールよりもアンセリンのほうが尿酸値を下げ、その下がり方がアロプリノールよりも緩やかであるという結果を得ました。尿酸値は急激に下げるのは危険とされていることから、アンセリンの作用の仕方は、痛風には最適といえるのかもしれません。

そのほか、肥満や生活習慣の乱れにつながる睡眠障害の改善や血糖値を低下させる効果もあることから、痛風予防に高い効果をもたらすと考えられます。

痛風予防を考える人にオススメのサプリメント成分リスト≫≫

アンセリンの入ったサプリメント

  • 海のチカラ アンセリン
    容量/価格:30包(3粒入り)/4,191円+消費税(定期お届けコース3,772円+消費税)
    1日の量:1包(3粒)
    特徴:東証一部上場企業である焼津水産化学工業株式会社(YSK)が開発したサプリメント。独自の抽出方法(特許出願中)によりカツオやマグロから高濃度のアンセリンの抽出に成功。わずかにカツオ節のような香りがするだけでほぼ無味。3粒ずつパッケージに小分けされているので飲みやすく、携帯にも便利。
  • アンセリン100 プリン体バスター
    容量/価格:150粒/7,220円+消費税
    1日の量:2〜5粒
    特徴:マグロやカツオ、サケからアンセリンを抽出。1日5粒で100mgのアンセリンを摂取できる。また、痛風に良いとされているクエン酸も配合。
  • アンセリンB
    容量/価格:90粒/3,800円+消費税
    1日の量:3粒
    特徴:カツオ・マグロに含まれるプリン体を99%カットして精製。3粒に50mgのアンセリンを配合。ビタミンB群もプラス。
 
ページの先頭へ
今からでも遅くない痛風予防ガイド