痛風の予防についてわかりやすく解説いたします

薬を飲む

ここでは尿酸値を下げる働きがある尿酸排泄促進薬と尿酸生成抑制薬の効果や副作用について解説します。

痛風の治療薬とはどのようなものか

病院で行なう痛風の治療は、投薬治療がメインです。薬は発作の際の痛みを抑えたり発作自体を回避させるものと尿酸値を下げるものの大きく2種類に分けられます。

尿酸値を下げる薬には「尿酸排泄促進薬」と「尿酸合成阻害薬」の2つがあります。高尿酸血症には、尿酸排泄低下型と尿酸産生過剰型、混合型の3種類がありますが、それぞれのタイプに合わせて使用されます。

  • 尿酸排泄促進薬
    尿酸排泄促進薬とは、尿の中の尿酸の排出を促進させるもので高尿酸血症の尿酸排泄低下型タイプに用いられる。代表的な薬はベンズブロマノン、プロベネシド、ブコロームなど。
  • 尿酸合成阻害薬
    尿酸合成阻害薬は尿酸産生過剰型の人に用いられる。尿酸が体内で作られるのを抑える。代表的な薬はフェブキソスタットやアロプリロールなど。

ゆっくり・じっくりが大切

尿酸値は、急激に下げることはできません。なぜなら、尿酸の結晶が急激に溶けてしまうと、激しい痛みを伴う痛風発作を起こすことがあるからです。そのため、高尿酸血症と診断された場合は時間をかけて徐々に尿酸値を下げていく必要があります。薬は少量から始め、慎重にモニタリングしながら適正量が決められます。

尿酸値が下がったとしても、服用をいきなりストップすることはできません。痛風は再発しやすい症状なので、気長に取り組むことが重要になります。

薬の副作用

薬はサプリメントと違い、効果は顕著であっても副作用がつきものです。上記に上げた薬の副作用をみてみましょう。

【尿酸排泄促進薬】

  • ベンズブロマノン
    重篤な肝障害、尿路結石など
  • プロベネシド
    溶血性貧血、再生不良性貧血、重篤な肝障害、ネフローゼ症候群、尿路結石など
  • ブコローム
    皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、食欲不振、白血球減少など

【尿酸合成阻害薬】

  • フェブキソスタット
    肝機能障害、過敏症、関節痛、下痢など
  • アロプリロール
    皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、剥脱性皮膚炎等の重篤な発疹、過敏性血管炎、再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、劇症肝炎等の重篤な肝機能障害、黄疸、腎不全、腎不全の増悪、間質性腎炎を含む腎障害、間質性肺炎、横紋筋融解症、食欲不振など

上記を見ると、その副作用の多さに薬を飲むことを躊躇してしまう人もいるかもしれません。しかし、どんな薬にも副作用はつきものであり、血液検査などで薬を続けてもいいかどうかを医師がしっかりと判断してくれるはずです。

ただし、副作用が心配になるのも無理はありません。そう考えると、予防がいかに大切かということがわかります。痛風を発症する前に生活習慣や食生活を見直し、予防を徹底するように心掛けたいものです。

副作用の心配のないサプリメントを取り入れるのも1つの手

現在、痛風予防の観点から注目を集めているのがサプリメントです。

薬のように効果が顕著に表れるわけではありませんが、継続して飲み続けることで、尿酸値を低下させていくことが期待できます。急激にではなく、じっくりと数値を下げ、それを維持することが重要な尿酸値コントロールの分野には、その働きがマッチしており、痛風治療に力を入れるクリニックの中には、薬ではなくサプリメントをすすめているところもあるようです。

また、サプリメントは薬ではないため副作用の心配がないという特徴もあります。

痛みが我慢できないという段階になっている場合は、やはり薬での治療が必要ですが、単純に尿酸値が高いという診断を受けた段階でしたら、まずはサプリメントから試してみるというのも1つの方法だと言えます。

副作用の心配のない痛風予防のためのサプリメント一覧≫≫

 
ページの先頭へ
今からでも遅くない痛風予防ガイド