痛風の予防についてわかりやすく解説いたします

生活習慣を改める

ここでは痛風を予防するために日常生活の中で改めたいポイントや痛風とストレスの関係についてまとめています。

痛風予防に生活習慣の改善を

プリン体の摂取過剰やアルコールの飲み過ぎ、運動不足などのほかに、不規則な生活も痛風の原因の1つとして考えられています。

例えば睡眠不足は痛風には厳禁です。睡眠が不足することで腎臓の機能が低下し、尿酸を排出する力が弱まってしまうからです。また、肝臓の機能も低下する上、肥満や糖尿病の原因にもなります。血液中にコルチゾールというストレスホルモンが多くなり、血糖値を上昇させるからです。血圧を上昇させたり、血液をどろどろにしてしまうこともわかっています。

睡眠不足は痛風によくないだけでなく、健康に深刻な被害をもたらします。1日だけ眠れないのであれば、たいした睡眠不足にはなりませんが、何日も続くようなら要注意。毎日6時間以上は、しっかり眠るようにしましょう。

タバコやストレスにも要注意

タバコも痛風にはよくありません。血液の循環がタバコによって悪くなるからです。タバコを吸うことで痛風が悪化するわけではありませんが、血液の循環が悪くなれば痛風の痛みを感じやすくなると言われています。

高血圧や動脈硬化など、痛風の合併症となる病気の引き金になることも考えられます。タバコは健康には決してよくありません。できるだけ本数を減らしたり、できれば禁煙することをオススメします。

ストレスも痛風には大敵です。ストレスが尿酸値を上げることがわかっているからです。長期にわたってかかるストレスは尿酸値をジワジワと上昇させます。また急激なストレスによって痛風の発作が起こってしまうこともあると言われています。

ストレスを回避するために

ストレスを緩和するために取り入れたい方法の1つがビタミンCの摂取です。人はストレスを感じたらアドレナリンを分泌して体を守ろうとしますが、その際にビタミンCを消費します。ビタミンCが不足しないように心掛けることが大切です。

また、できるだけストレスをためないように心掛けてください。とはいっても、現代社会に生きているとストレスはたまるもの。たまるのは仕方がないとして、そのストレスをしっかり発散できるような方法を見つけてほしいと思います。それが暴飲暴食だったりお酒にならないように注意してください。

ストレス解消法は個々で異なりますが、例えばそれが散歩なら運動不足の解消にも結びつきます。気分をリフレッシュするような方法をぜひ見つけてほしいと思います。

 
ページの先頭へ
今からでも遅くない痛風予防ガイド