痛風の予防についてわかりやすく解説いたします

適度な運動をする

ここでは、適度な運動が痛風の予防に推奨されている理由と具体的な運動の内容を紹介します。

痛風の予防に適度な運動を

痛風を予防するためには、肥満を改善する必要があります。肥満の人は尿酸の排泄が低下するので、尿酸値が高くなる傾向にあります。肥満の人は痛風になりやすいと言えるでしょう。とくに内臓に脂肪がついているタイプの人は注意が必要です。

ただし、内臓脂肪は比較的簡単に落とすことが可能です。食事をバランスの良い内容に変え、軽い適度な運動を続けるだけで内臓脂肪による肥満を解消することができるでしょう。それは、痛風を予防することにもつながるのです。

運動の注意点

適度な運動を継続することは、太りにくい体質を作ります。オススメなのはウォーキングなどの有酸素運動です。反対に気をつけなければならないのは激しい運動です。激しい運動は尿酸値を上昇させることがわかっているからです。実際、有名スポーツ選手の中にも痛風にかかっている人がいるほどで、激しいスポーツは痛風をもたらす一因となっています。

ウォーキングなどの有酸素運動は尿酸値を上昇させません。また、高血圧を改善することも望めます。ウォーキングのほかには水泳やサイクリングも適しているでしょう。わずかに汗をかくぐらいの運動が「適度な運動である」と認識しておきましょう。

運動後に気をつけたいこと

運動後は水分を十分に補給します。汗をかかない程度の軽い運動だったとしてもしっかりと補給してください。そしてお腹が空いても食べ過ぎには注意してください。せっかく運動しても、それが過食につながったのでは意味がありません。

運動は週3日程度が適しているでしょう。継続するうちに体も慣れてきて、お腹が空きすぎることもなくなっていくはずです。

 
ページの先頭へ
今からでも遅くない痛風予防ガイド