痛風の予防についてわかりやすく解説いたします

尿酸について知る

尿酸の正常値の目安や、数値が高いことで懸念される痛風以外の病気について解説します。

尿酸値を下げるためには

尿酸とは、簡単に言えばプリン体の燃えカスのようなものです。新陳代謝によって細胞が生まれ変わる際にプリン体が分解されて尿酸が生じますが、尿酸は便や尿で排出され、体内にたまらないようなしくみになっています。

高尿酸血症の基準である尿酸値は「7.0mg/dL」です。この基準値を超えたからといってすぐに痛風を発症するわけではありませんが、この数値を越えるということはつまり「これ以上の数値は尿酸が体内で溶けきれなくなる」ことを表しています。尿酸の結晶がいつできてもおかしくない状況であることは間違いありません。

プリン体が増えすぎてしまうと尿酸も当然、増加します。尿酸値を下げるためには、尿酸が体内で余らない状況を作ることが大切になります。

尿酸値が上がると痛風になる?

尿酸値が「7.0mg/dL」を越えているということは、「高尿酸血症」であるということです。この状態が長引くと痛風が起こります。尿酸の結晶がどんどん体にたまり、なにかの拍子に激痛を伴う痛風発作が起こります。また、結晶がコブのようになる痛風結節も起こる可能性があります。

また、痛風だけではなく、より深刻な、生命に関わる病気を引き起こすことがあります。その代表的なものが「痛風腎」という腎臓障害です。尿酸の結晶は関節の次に腎臓にたまりやすく、結晶がたまることで腎臓の機能を低下させていきます。その結果、生命を脅かしかねない慢性腎不全を発症させる場合があります。

また「高尿酸血症」は腎臓や尿管、膀胱などに石を作る尿路結石も引き起こします。激痛を伴うだけでなく、慢性腎不全の原因ともなります。

高尿酸血症が引き起こす病気

その他にも、高尿酸血症が引き起こす深刻な病気は数多くあります。メタボリックシンドロームや高血圧、糖尿病といった病気を合併しやすいこともわかっているほか、それらの生活習慣病と合併することで動脈硬化のリスクが上昇します。

動脈硬化は心筋梗塞脳卒中の原因となる恐ろしい症状です。痛風や高尿酸血症は、たとえ自覚症状がなくても深刻な事態を招きかねないということを心に置き、高尿酸血症を予防するような生活習慣の改善に取り組みましょう。

 
ページの先頭へ
今からでも遅くない痛風予防ガイド