今からでも遅くない痛風予防ガイド

痛風の予防についてわかりやすく解説いたします

痛風を予防するための5つの方法

正しい痛風の予防方法日本人男性の3~5人に1人が痛風予備軍だといわれる現代。食生活の欧米化やストレス社会という背景から、若い人や女性の発症も珍しくはありません。そんな痛風を予防するための方法は、主に以下の5つが挙げられます。

 
  • 1) 食事内容の改善
    痛風の原因となる尿酸の値を上昇させる「プリン体」の多い食べ物と少ない食べ物を把握し、1日の摂取量の上限値である400mgを下回るように調整する方法です。また、アルコールなどの摂取にも気をつける必要があります。
  • 2) 適度な運動で肥満の解消する
    肥満の方は尿酸の排泄が低下するため、尿酸値が高くなる傾向にあります。とくに内臓に脂肪がついているタイプの人は注意が必要。食事制限+適度な運動を行うようにしましょう。ただし、激しい運動はNGです。
  • 3) 生活習慣を改める
    過度のストレスや睡眠不足、喫煙なども、尿酸値が上昇する原因となります。日常生活のどこに問題点があるかを把握し、改善を行うことが大切です。
  • 4)痛風の治療薬を飲む
    予防というよりは、具体的な治療法です。薬は発作の際の痛みを抑えたり発作自体を回避させるものと、尿酸値を下げるものの大きく2種類に分けられます。ただし、副作用の懸念もあるため、医師とよく相談した上で服用しましょう。
  • 5) サプリメントや漢方を取り入れる
    尿酸を排出を促す、抗炎症作用により痛みを抑えるといった効果が期待できるサプリメントや漢方薬も多数あります。手軽に取り入れられるため、他の予防法との併用にも便利です。

それぞれの予防法は、各ページでわかりやすく解説していますので、チェックしてみてくださいね。

痛風の正しい予防法について詳しくはこちら≫≫

特集:サプリメントによる痛風の予防とは

サプリメントによる痛風予防食生活や生活習慣の改善は、すぐにでも始められる痛風予防法である反面、長年続けてきた生活を変えなければならないため、なかなか実行に移せないもの。

もちろん、完全な予防のためには必要不可欠ですが、まずは手軽な方法から始められる、サプリメントに最近では注目が集まっています

薬のように副作用を気にする必要がなく、自然で優しい効き目が期待できるため、まずはここから予防対策をスタートさせるのがオススメです。

痛風予防のために開発されているサプリメントは数多くあり、その有効成分はさまざまで、効果も大きく違います。このサイトでは、それぞれの有効成分と期待できる効果、そしてオススメのサプリメントを掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

痛風予防を考える人にオススメのサプリメント成分ガイド≫≫

こんな人は要注意!痛風チェックリスト

そうはいっても、痛風なんて自分にはまだまだ無縁のもの…と思ったら大間違いです。予防対策をはじめるためにも、まずはあなたの食生活をチェックしてみましょう。

ビールが大好きで毎日のように飲む レバーやホルモン、あん肝が好物でよく食べる 野菜や果物よりも肉や揚げ物をよく食べる 外食が多い 食事の量が多い(満腹になるまでよく食べる) 水分をあまり摂らない 早食いである

上記のうち、1つでも当てはまるものがあれば、あなたは痛風予備軍。チェック項目が一つ増えるごとに、その危険度は増していると思ってください。

また、一昔前は「ぜいたく病」といわれていた痛風ですが、プリン体の多い食べ物だけが痛風の原因ではありません。次は、あなたが痛風になりやすいタイプかどうか、以下の項目をチェックしてみてください。

男性である 30〜50代である ストレスが溜まっている 生真面目で几帳面な性格 せっかち、短気 激しい運動をしている 運動をまったくしない 肥満もしくは肥満気味 高血圧である 家族に痛風の人がいる 睡眠不足、過労 腎臓病にかかったことがある

上記については2つ以上当てはまる方は注意が必要です。もちろん、項目が1つ増えていくごとに危険度は上昇します。


痛風は30~50代の男性が発症することが圧倒的に多い病気ですが、上記に当てはまる方は年代・性別に関係なくいらっしゃるはずです。

痛風は誰もが発症する可能性のある病気です。そして予防が何より大事です。また、痛風を予防することは多くの生活習慣病を予防することにもつながります。予防策は決して難しいものではありません。できるだけ早く予防を始めて、健康的な毎日を送りましょう。

 
ページの先頭へ
今からでも遅くない痛風予防ガイド